レーシックに変わる視力回復方法はUMIウェルネス

レーシックに変わる視力回復方法はUMIウェルネス

レーシック以外で何かいい方法ないかな。

最近ブームのレーシック手術ですが、
目を手術するのはちょっと怖いですよね。
そこで手術以外に視力回復する方法を
考えてみました。

遠くを見たりして目の筋肉を柔らかくするのが一番ですが、
現代社会では難しいものがあります。

コンタクトレンズで屈折率を変える方法なんかもあるようです。

まあ、一番はパソコンを使わないことですね。
あの画面からの光は結構強力です。

私は明度を落とすツールとPCメガネを使っていますが、
視力は落ちる一方です。

またコンタクトレンズの方は、PCメガネが使えないですよね。
ブルーライト遮断コンタクトをで出してくれないかな。

視力と頭痛の関係は?

ちょっと前の話になりますが、なんか頭が縛られるような頭痛が続いていました。
カロナール500を飲んで様子を見ていたんですが、一時的に良くなるのですが、すぐに痛くなります。
原因不明だったので、病院にいってみてもらったのですが結果はわかりませんでした。
その後、眼鏡の度数があっていなのではとアドバイスを貰ったので眼鏡屋さんで視力検査をお願いしました。
そうすると右目と左目で極端に視力が違うことが判明。
視力の差が大きいと頭痛が発生することもよくあると眼鏡屋さんが言うので、正しい眼鏡に作り替えました。
そして頭痛も収まりました。
皆さんの原因不明の頭痛がする場合は一度視力検査することをおすすめします。

視力回復コンタクト

視力回復コンタクトのデメリットは

便利な視力回復コンタクトですが、デメリットもいくつかあります。

まず挙げられるのが、視力回復コンタクト自体の費用が30万円前後するということです。

長い期間装着しやすいよう作られているため、費用が高額となっています。

2つ目のデメリットとしては、毎晩欠かさず装着し続けなければいけないということです。

睡眠時に一時的に角膜の矯正を行うものですので、視力回復コンタクトを装着しないと、翌日には視力が悪い状態に戻ってしまいます。

長い期間装着し続けている人は、1日2日は視力が保たれる場合がありますが、いずれ元に戻ります。

3つ目には、かなりまれですが、副作用があることです。

夜に明るい街灯や信号を見るとぼやけて見えることがありますが、このことを生じる人は少ないため、それほど危険性はありません。

先日、某書店をウロウロしていると、疲れとりアイマスクなる本が販売していました。

完全なコラボ商品で、薄っぺらい雑誌とアイマスクがセットで1500円。

神奈川東海大学共同開発したナノ化プラチナのハイテク生地を使用しているそうです。

最近ちょっと寝る時の為にアイマスクが欲しいなと思っていたので、衝動買いしちゃいました。

まあ、アイマスクで本当に目の疲れが取れるとは思ってはいませんが、視力回復エクサが載っていたので、そちらは試してみようと思います。

エクサの一部を紹介しますと、こめかみを押さえながら、目をグルグルさせると良いそうです。

これからやってみよ。

近年、視力をアップさせるためには
レーシック手術を受けることが
最も手っ取り早いものとなっています。

しかし、レーシック手術を受けるためには
高額な手術費用が必要になることや、
眼病などの感染症になる可能性もあるために、
一般的な視力アップ方法としてはあまり普及していません。

そうした中、だれでも自宅で挑戦することのできる方法として
視力アップトレーニングに人気が集まっています。

最近では、インターネットサイトなどに
視力アップトレーニングの方法について掲載されるようになってきました。

視力アップトレーニングは多額の費用が
かかることが少ないために、
小さい子どもからお年寄りまで
様々な人が挑戦することができるようになっています。

UMIウェルネスのコラーゲンゼリー

肌や爪、髪を美麗に底支えする原料品、コラーゲンを盛りだくさん含む
UMIウェルネスのコラーゲンゼリーが女性陣に引っ張りだこです。

気候がよいなリンゴ果汁のゼリーかのようなフレーバーで、プルッとした
歯ごたえがお菓子や、小腹がすいているときにはちょうどいいからなのです。

それのみでなく、このUMIウェルネス コラーゲンゼリーは
その原料品をかつおなどのだしやおやつ菓子の調味料を
処理する焼津水産化学工業が考察から大量生産まで影響を及ぼしている商品です。

このような美容健康機能食品は、原料に豚皮や魚の鱗などの原料品を
取り出した道具が多く市場に出回っていますが、この事業体のグループ企業の
UMIウェルネスのコラーゲンゼリーは、白身魚が元凶です。

一般に話していることですが、この成分はカラダの細胞と対比すると
分子がメインのので吸収され辛いのですが、そういった所を
この商品では吸収率を高める加工法を組み込んで克服したのです。

この低分子マリンコラーゲンペプチドの形に加工された成分と、
肌などのうるおい・ヒルアロン酸のもととなる
天然型N-アセチルグルコサミンが惜しげもなく混ぜられているのです。

こっちのゼリーは1日に1本20グラムの摂取が適当ですが、
そこのところは、ヒルアロン酸1000ミリグラム相当の根底を含みます。

ほんのひと昔前、肌のハリが不安になり始めた方はぜひ、手軽なスイーツとして
一度、試供品になってみるのもいいと思います。