レーシック以外に視力を回復する方法

レーシックに変わる視力回復方法はUMIウェルネス

そもそも、何故レーシックをすると視力が回復するのかを先に考えたほうが良いと思うので、レーシック手術について少し触れようと思います。

レーシック手術というのは屈折適正手術の一種で乱視に対しての治療であると捉えることができます。

屈折適正手術はレーシック以外にもありますが、レーシックが今のところ一番患者への負担が少ない手術かもしれません。

ただ、レーシックをすると視力が回復するという考え方は安易です。

白内障や緑内症の人がレーシックをしても視力回復はしません。

それぞれの症状に合った手術をしなければ、視力の回復もしませんし、治療にもなりません。

手術以外にも視力を回復する方法があります。体のコリをほぐす、目をリラックスさせる、オサート、生活習慣を整えるなどです。

この中の一つである、視力を鍛えるというものはルーの三原則に則ったもので「適度に使えば発達する」という一つの概念から成り立っています。

では、どういった動きが視力を鍛えることになり、適度に発達する動きなのかというと、これは時代によって変わっていて、現代ではヘルムホルツ理論というものが主流になっています。

これはそれまでの目は水晶体から網膜までの距離を変え焦点を結ぶようにしているという考え方から、水晶体の厚さを変えることによって焦点を結んでいるという考え方です。

これにより、鍛える筋肉は眼球を動かしている筋肉ではなく、水晶体を動かしている筋肉を鍛えることによって視力が回復するという考え方に変わってきています。

時代は進化していますので、最新の技術を取り入れた方が良いですね。

生活環境を整えることも大事

視力の低下の原因は生活環境が大きく影響しています。

テレビ、ゲームを筆頭に強度に明るい部屋や
睡眠不足もあります。

リラックスすることにより、視神経が回復するので、
ゆっくりお風呂に入って、熟睡すると効果的です。

適度に外出して、刺激を与えることも大事です。

外に出ると、肌への影響も考えられますので、
メイクやメイク落としにも気をつけましょう。

オススメはセラムデューです。

天然成分主体で作成されていますので、
敏感肌の方も気にせずに使用できます。

これからの季節、目の保養と肌の健康を考えて、
セラムデューを使用しましょう。